お酒は筋トレの成果を下げて筋肉の成長を阻害します。なるべく避けておくようにしましょう。

疲れたお仕事の後、ジムで身体を目一杯動かした後、そんな時に飲む1杯は格別に美味しいものです。ですが、筋トレで筋肉増強を目指しているかたにとっては、お酒が及ぼす身体への影響を無視するわけにはいきません。

実は、楽しいお酒が筋トレの効率を下げてしまうのです。

肩回りの筋肉をアピールする男性

筋トレ後の飲酒はホルモン分泌の妨げになる

筋肉をつけるためには、男性ホルモンであるテストステロンの分泌が欠かせません。筋肉の元になるタンパク質の合成、そして体脂肪燃焼を促進させるホルモンで、その働きは筋トレの効果を上げるためのポイントになります。

ですが、飲酒をするとその分泌が抑制されてしまうのです。運動後の1杯がせっかく頑張った筋トレの成果を台無しにしてしまいます。

お酒はタンパク質を大量に消費

さらに筋肉をつけるために必要となるタンパク質も、アルコールの分解のために大量に消費されてしまいます。筋トレをして鍛えられ増えるはずだった筋肉が、お酒を飲むことでその元になるタンパク質の不足により、思うように身につかなくなるのです。

筋トレ前に肝心のタンパク質が主成分であるプロテインを飲んでいるかたが多いでしょう。にもかかわらず、お酒によって台無しになってしまうのは避けるべきです。

参照→パーソナルジムならライザップ?トレーニング内容やコースを徹底解説 https://nicereply1997.com/raizappu/

筋肉を分解するホルモンが増加する

飲酒をすることにより、ストレスを感じた時に発生するコルチゾールというホルモンが分泌されるようになります。これには筋肉を分解し、代わりに生命維持のために糖に換えるという性質があるのが特徴です。

筋トレで筋肉をつけたつもりが、お酒によって脂肪に変わってしまうという可能性が生じてしまうのです。

どうしても飲みたい場合には筋トレをしない日に少量だけ

筋トレをした日の飲酒は筋肉をつける妨げになり、疲労も回復しにくくなるなどのデメリットがあります。それでも断酒が難しいという場合には、糖質が少ないものを少量だけ嗜むようにしましょう。

そして、筋トレをする日の前後は口にしないように配慮して、筋肉の成長を妨げないようにしてください。