誰もが自分の将来の理想像というものを持っています。その理想像に少しでも近づこうと日々努力するのです。しかし、その一方で占いなどによって自分の進むべき道を決める人もいるのです。

いろんな占術方法のイメージ イラスト

あまりにも非現実的と思うかもしれませんが、結構多くいるのです。その証拠に、縁起をかつだり、迷信や占いを信じるといったことがないですか?迷信や占いを信じたりするこの行為を、精神医学では魔術的思考というのです。

この魔術的思考に極端にはまってしまう人がいるのです。たとえば、占い好きの人は、仕事の内容や結婚相手を占いで決めるようになるのです。

さらには、少し喧嘩しただけで、あの人の血液型は*型で私が#型だから相性が合わないとか、星座があの人と私では相性が悪いとかといったようにすぐに結びつけてしまうのです。

しかし、現実問題として、科学的にみても合理性をもった根拠というのがないのです。自分の将来について占いでという方は、落ち込んでいる時や、なにをしても上手くいかず、常にストレスを感じている方が多いのです。

つまり、心が不安定な時が多いのです。中には、占いなどによって導き出された答えについていって成功している方もいますが、これはほんの一握りの人でしかないのです。

占いで決めるのは人それぞれの考え方ですので、いいとも悪いともいいませんが、日常のちょっとしたことでも、占い師のいった言葉をおまじないようにその言葉を、心の中で唱えないと不安になって収まらないというのはかなり重症としかいいようがないのです。

自分の人生です、時には冒険もし、日々努力することによって、自分が重い描いていた理想像に少しでも近づくように日々過ごすのがポイントなのです。